Mac-8.net 【マックエイトネット】

IT関連情報、APPLE製品、ipad,iphone,macbook,mac,androidアンドロイド端末、アプリ操作、ガジェットレビュー、web作成、レザークラフト、グルメ、ライフハック等。↓↓人気記事

LED・DIY ライフハック

【DIY】机にキーボード用スライド収納を付けてみた

投稿日:

現在使用している机は天板のみの引き出しがないシンプルな机のためどうしても机上に物が溜まってしまい片付きません。
それで今回スライド式の引き出しを机の天板下部に作成しました。

ちかくのホームセンターへ行ってスライド用の金具部品を購入

deskst01

”スライドレール”という品物 長さは30cmのものです。
材質はステンレス製で結構丈夫です。
値段は500円台でした。他にも種類がありました。高いもので3000円位するものもありました。サンプルがおいてありましたが、値段の差は構造にあるようです。高いものはベアリングがしっかりしており動作がスムーズでした。
今回作成するのはキーボード用のスライド引き出しなので一番安いものを選びました。

 

中身ですが、4点部品+木ねじ。
右側のレールと左側レール

deskst02

 

固定ガイドとスライド板側に取り付ける部品になります。

deskst03

 

固定ガイド側の部品を取り付ける木材も購入
木材25×50×60(㎜)
真ん中で切りわけ、左側と右側のガイド用にします。

deskst04

机の下部に補強用の梁があり干渉するためその部分の切れ込みをいれました。

 

”引き出し用のボード”になります。
幅90厚み9長さ30cm

deskst05

 

机の下にガイド用の木材を取り付けます。

deskst06

 

ガイド用の木材にスライド金具をネジで取り付けます。

deskst07

deskst08

ガイド用部品を机の下部に取付ます。木ねじ3つで締め付け。机の天板の材質が硬いものだったので予めドリルで穴を開けておきます。

deskst10

 

このようにガイドを左右に取り付けます。

deskst11
この際問題が発生。取付後スライド板を試しにはめてみるとガイドの取付位置の幅が広すぎて修正が必要に。
穴の位置を調整し再度ガイド部品を取付しなおしました。

 

次に引き出し用の板の両サイドにスライド部品を取り付けます。

deskst12

木ねじで固定

deskst13

 

それでは、机にはめてみます。

 

deskst14

 

 

動作も確認。スムーズに動きました。

deskst15

 

 

ガイドは木ねじ3本で下から天板に止めたのですが、念のため強度をもたせるために、サイド側にもL字金具で補強。

deskst16

 

 

サイド部分の木材の切り口が美しくなかったので、木目調のシールをはりました。
横部分はみえないので、正面だけ。

deskst21

 

完成
キーボードとMacBook Proとマウスやリモコンを収納

deskst17

 

机の上がすっきりしました。

deskst18

 

引き出した状態

deskst19

 

下から

deskst20

 

スライド引き出し作成に挑戦しましたが、思ったより材料費はかからず作成できました。
引き出し幅が90cmもあるのでキーボードやノートパソコンも余裕でおさまります。
難しかったところはガイド用の取り付け位置でした。ガイド間の幅が少しでも広くなるとスライド部品が上手く噛み合わず、狭くなるとスライド部品同士が干渉するため、微妙な調整が必要です。それ以外は比較的簡単に作成することができました。

かかった費用は引き出し用の板が1000円位とスライド金具500円位、木材400円。
ネジや金具は自宅にあるものを使用したため約2000円で作成できました。

机の上がすっきりしました。気持よく仕事が出来そうです。

 

アイワ スライドレール ローラータイプ底付 350mm 左右1セット入り AP-1102W

アイワ スライドレール ミニベアリングタイプ 310mm 1セット入り AP-1121C

-LED・DIY, ライフハック

執筆者:

プロフィール


マックエイトです。 Webデザイン,PCインストラクター、ブログの運営を行っています。