モバイルルーター HWD-15 本革仕様のベルトポーチ 作成過程

前回は背面部分とフタ部分の接続までのご紹介でした。

 

今回は本体部分との接合です。これで組み立ては完成になります。

前回作成した部品と表面との接合になります。

接着剤をぬりくっつけます。

hwd15caseその401

 

接合後の姿

hwd15caseその402

 

ピッタリと貼りあわせます。

hwd15caseその403

乾燥させてしっかり接着したらモバイルルータHWD-15をいれてみます。

hwd15caseその404

 

 

ぴったり入りました。

hwd15caseその404

hwd15caseその405

次に糸通しの穴を周囲に開けます。

hwd15caseその406

糸で周囲を縫います。そして余分な部分をカット

hwd15caseその407

 

周囲の余分な部分をカットし終えた姿

hwd15caseその408

 

このように切り口が角が立っているので

この後、ヤスリで丁寧に削り丸めます。

hwd15caseその409

 

私が使用しているのは”爪磨き用のヤスリ”がとても使いやすく作業が捗ります。

ヤスリで磨き終えるとトコノールをぬり、更に布で磨きます、

これでいよいよ完成になります。

 

続き

HWD-15 レーザーケース作ってみた。その4(完結編)

By マックエイト

Webデザイン,PCインストラクター、ブログの運営を行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA