Mac-8.net 【マックエイトネット】

IT関連情報、APPLE製品、ipad,iphone,macbook,mac,androidアンドロイド端末、アプリ操作、ガジェットレビュー、web作成、レザークラフト、グルメ、ライフハック等。↓↓人気記事

【検証】Parallels Desktop 12のレスポンスは? 

   

MacWindowsが動くParallels Desktopの最新バージョン12ですが、どれくらいの快適に使用できるか検証してみました。

Parallels Desktopは仮想環境によるソフトウェアでWindowや他のOSを走らせるためマシンのパワーソフトウェアの良しあしがレスポンスに影響するわけですが、実際に使用してみて快適にWindowsを使用できるかレポートしてみたいと思います。

 

テスト環境:

MacBook Pro retina13 late2014

macOS sierra

仮想OS:Windows10

 

 

YouTubeにも公開しているので動画でもどうぞ 

 

 検証その1 Parallels Desktop12の立ち上がり

macOS sierraが起動した状態で Parallels Desktop12を起動 どれくらいの時間がかかるか

 

結果:3.5秒

 

検証その2 Parallels Desktopが起動した状態で、windows10を起動 ログイン画面までの時間

検証1の続き。windowsの起動に入ります。

結果:7.7秒

 

検証その3 windows10ログインしてから立ち上がるまでの時間

検証2の続き。ログインパスワードを入れた後の時間

結果:9.2秒

 

検証その4 全部連続で(Parallels Desktop12起動〜windows起動〜word起動)

検証1〜3のまとめ。Microsoft wordの起動まで

結果:28.4秒

Parallels Desktop起動させていない状態からWindows版のwordが使えるまで30秒以内ということになります。

 

検証その5  windowsが起動した状態でword起動時間

 

結果:1.5

 

 

検証その6  windowsが起動した状態でExcel起動時間

 

結果:1.5

こちらもwordと同じく1.5秒でした。
windows10でのアプリの起動は個体差はあるかもしれませんが、一瞬で立ち上り快適です。

 

 

検証その6  windows終了スピード

 

結果:11.6秒

windowsの終了も速いです。

常にParallels Desktop とwindow10を立ち上げておくこともできますが、バッテリー駆動の場合は電力消費も増えますので、時々windowsのアプリを使う程度であれば、必要時に立ち上げた方が良いと思います。立ち上りスピードも速いので苦になりません。実際にoffice系のソフトはwindows専用機と遜色なく使用できます。
うちにあるwindows専用のデスクトップPCよりも速いです。
MacBook ProのSSDが速いというのもありますが、Parallels Desktopの最新版はスピードも改良され、さらに早くなった気がします。
おかげさまでWindows10をMacでも快適に使用できています。

 

 

amazon
Parallels Desktop 12 for Mac Retail Box JP (通常)

 

 

 

Parallels Desktop 12 for Mac Retail Box Com Upg JP(乗り換え)

 

 

 

Parallels Desktop 12 for Mac Retail Box USB JP (USB版)

 - Apple製品, アプリ, ガジェット ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事